後遺障害の認定とは

後遺障害と後遺症は、ほぼ同定義にされています。
後遺症は、突発的に起こった症状が治った後になって、尚続いてしまった機能障害や神経症状を意味します。
後遺症は残ってしまったとしても、完治する可能性は幾らかあります。
ただし、機能障害となれば話は別です。
機能障害は、後遺症の中でも受けた肉体的・精神的な傷害が、将来的に完治する見込みがないとされる病状固定に該当するものです。
多くは交通事故から派生しますが、後遺障害の発生原因と病状固定に確かな関連性及び整合性が認証され、医学的根拠を得たものに限り傷害が公に認められます。

後遺障害は、症状が確認されて終わりではありません。
それに対する賠償責任を、加害者側に課しています。
労働能力の低下が証明されて、低下レベルが自賠法施行令の等級に値すれば、賠償請求ができます。
交通事故後に残ってしまった後遺症のうち、後遺障害に認定されるには、症状が障害治る可能性がほぼないく、事故がはっきりと原因であると明白にして、医学的な裏付けが取れた段階で、労働能力の喪失が自賠法の等級に当てはまる必要があります。
もし、等級認定がされると、最初に負った傷害賠償とは別に、後遺傷害部分として新たに賠償を求めることができます。
病状が重く、社会復帰が難しい人々に対する救済措置となっています。
認定を受けるには、根拠が明確でなければ なりません。
症状を偽って、不正に認定を受けようとする人もいるので、審査は厳しいのです。